2018年10月号
<特別寄稿>困った質問に共通する4つのキーワード

いつも勉強の仕方をお伝えしていますが、今回は僕たち東大生の誰もがアドバイスに困ってしまう質問についてお話ししたいと思います。

ちょっと想像してみてください。
学校の休み時間にあなたのところへ仲の良い友達が来ました。
そしてあなたが得意な教科についてこんな質問をしたとします。

「この問題の解答解説を読んでも、なんとなくわからないから教えてくれない?」

さて、この時あなたは何と答えますか。

おそらく、よほど急いでない限り「いいよ。どこが分からなかった?」という風な受け答えになるのではないかと想像しますが、どうでしょうか。
もし友達の持ってきた解答解説が十分に詳しいものなら「ちなみに、どの辺が分からなかった?」とか「今、解説のどこまで理解できてる?」といった会話になりそうですね。

こうした場面で「どこが分からなかった?」と友達に聞くのは、相手が言う「なんとなくわからない」の意味するところ、つまり質問の「本当の中身」を知るためと考えられます。
そもそも何を聞かれているかが分からなければ、質問に適切に答えることはできないからです。
あなたが適切なアドバイスをするためには、例えば下記のような情報を得る必要があるでしょう。

「解答解説のどこでつまずいているか」
「何が分からなくて困っているのか」
「書かれている内容に対してどんな疑問をもっているのか」

これらの情報を得ることで初めて友達が何で困っているかが分かり、相手に沿ったアドバイスをすることができるようになるはずです。


なぜこのような例を出したのかと言うと、実はこのような「なんとなく分からないから教えて欲しい」という質問が、相談室に毎日のように届いているからです。
こういった質問がすぐに答えられないことを上記の例で理解してもらえたらと思います。

相談室に届く「困った質問」には代表的なキーワードがあります。それをご紹介しましょう。
困った質問キーワードの四天王がこちら。

「いまいち」
「ピンとこない」
「なんとなく」
「解答解説を読んだけどわからないので詳しく教えてください」



「いまいち」「ピンとこない」「なんとなく」のどれかが1つでも質問の文中にあると僕たちは困ってしまいます。
大変残念なことに僕たちはエスパーではありません。相手の思考を読むことができないので「どこが分かりませんか?」と質問した人に確認しなければ、何について、どのようにアドバイスしたらよいかが分からないのです。

「解答解説を読んだけどわからないので詳しく教えてください」
この場合も同じです。僕たちは、あなたが何で困っているのか、解答解説のどこが、どんなふうに疑問なのか、めちゃくちゃ知りたくて仕方がないのです!
だってそれが無いとアドバイスができないから。

質問をするときに「よくわからない」「難しい」と感じるところに下線を引いて「なぜこうなるのか分からない」と伝えてくれるだけでも十分な手掛かりになります。
是非、そうやって僕たちに「あなたが困っている場所や内容」を教えてください。

重ねてお願いしますが、くれぐれも質問する時には
「いまいち」「ぴんとこない」「なんとなく」「解答解説を読んだけどわからないので詳しく教えてください」を使わないように気をつけてください。お願いします。

こうもお願いするのは、僕たちが困るからでもありますが、実はもっと重大な損害を私たちではなく、質問をするあなたが蒙るからに他なりません。
困った質問が質問をした人に及ぼす最も大きな損害。
それはあなたの有限な時間を奪い、無駄にしてしまうことに尽きます。

あなたが「なんとなくわからない」という質問をすると、僕たちはあなたに「では、どこが分かりませんか?」と聞かねばなりません。あなたが「本当はどこがわからなかったのか」を返信し、僕たちがそれを受信して読むまで、あなたの質問は取り置かれてしまいます。

最初の質問でどこが分からないかを教えてもらえると、このやりとりをする時間は発生せずに済むのです。

受験までの時間は限られています。
あなたが受験までに勉強できる時間も限られています。
僕たちが皆さんの質問に答える時間は相談室の営業日の21時までです。
どうか有効に使ってください。

ちなみにこういう質問は大歓迎です!

「解答解説を読んだけど、下線を引いた所でなぜ式変形ができるのかわからないので、詳しく教えて下さい」


悪い例にちょっと手を加えるだけです。ぜひ意識してほしいと思います。

※平日及び土曜日21時までに届いた質問は原則として1〜2営業日での返却となります。
(但し日・祝・年末年始を除く)

                                             
(理学部H・K)
体験的勉強法目次へ
(C) 2018 Coretech