2016年12月号

<東大生のアドバイス>冬休みの過ごし方
東大生スタッフに、この時期ならではのアドバイスをもらいました!

 今年も残り一か月、早くも12月ですが、どうお過ごしでしょうか。どうこれからの冬休み過ごしますか?今月のテーマは冬休みの過ごし方です。
 
1年生、2年生のうちは親に「勉強した?」などと口うるさく言われているかもしれません。この時期はまだ言われた都度、英単語とかサッとこなせる勉強をしておけば大丈夫。もうちょっと勉強をしたいというなら、たとえば英語の文法とか軽めの長文読解とか数学で言えば数IA,IIBなど、国語で言えば漢文と古文などをこなすといいでしょう。どれも今まで学校でやってきたことやテストの復習で大丈夫。この時期にやっておかないと、3年生になってからやることが多すぎて全部出来ないかもなんていらぬ心配をしてしまいそうですよね?それならその心配をちゃちゃっとなくしちゃいましょう。と言われると勉強のやる気、出てきませんか?まずはやることを最初に決めて予定をたててみましょう。やる気のあるうちに。
 
高校3年生になると冬休みになったところで親が受験間近であることを察して「勉強しなさい」などいうことはなくなると思います。まだ言ってくれるというのなら、それは子供思いの親御さんかそれともあなたが勉強しなさすぎているかです。さすがに後者ではないですよね。勉強しましょう。
 3年生の人に知ってもらいたいのはセンター試験が残り1か月程度にまで近づいていることです。この時期になると高校の先生も口を酸っぱくしてセンター試験の対策について語り始めます。それはなぜか?毎年センター試験をなめて失敗してしまう生徒がいるからです。センター試験は出題の方法が独特で、高得点を狙うならある程度の準備期間が必要になります。この「ある程度」と言うのは各人の勉強の進み具合によるのですが、東大の受験生でもだいたい12月に入るとセンター試験の過去問を解き始める人が出てきて、12月の中旬になるとほぼすべての人が対策を始めます。このように、センター対策をしなくても大丈夫そうと思われがちな人でも、実はかなりの期間をセンター試験の対策に時間を当てているのです。おそらくこれを読んでいる人のほとんどがセンター試験の問題を見たことがあると思いますが、かなり分量が多いです。正答率がどの問題も同じとすれば、より多くの問題を解くことができれば点数の期待値が高くなります。したがって時間内にできるだけ多くの問題を解けるようにするために対策する必要があるのです。冬休みはそのための時間を作る最後の機会です。勉強のやる気は出てきましたか?さあ、予定をたててセンター試験の対策を始めましょう。志望校の対策も短くてもいいので忘れずにやっていきましょう。
(農学部 K.T) 

Q1.センター試験が間近なのに家の中がうるさくて勉強に集中できません。塾の自習室に行くのも電車で1時間以上かかるので、できたら家で勉強したいです。この時期家で勉強するコツと、家族に協力してもらったことを教えて下さい。
(高3 男子)
A1.  
 私が受験期に家族に協力してもらったことは
朝早くに起こしてもらったり夜食を作ってもらったりしたくらいです。どうしても家の中で集中できないのなら自習室に通うことにして、電車移動の時間も英単語などの暗記に充てるのはどうでしょうか。1時間は勉強時間として大きいですよ。移動中に勉強できる環境だったら、遠くても自習室に行く価値はあると思います。
 後は
センター試験本番も、他の受験生が割と物音をたてたり、貧乏ゆすりや鼻水をかむ音など雑音は結構多いです。本番のつもりで、少しうるさい環境でも集中する練習として家で勉強するのもありだと思います。

(理T S.T)

Q2.生物の勉強について質問です。学校ではアプリを使ってて教科書は全然使いません。でも授業の内容をまとめたノートと比べると教科書の方が細かく書かれてます。受験対策するなら、やっぱり教科書の内容を全部覚えないといけませんか?
(高1 男子)
A2. 
 結論から言うと、教科書を全く使用しないのは論外です。教科書を用いない勉強では確実に落ちると言っても良いです。センター試験にせよ、2次試験にせよ、いずれも教科書に書かれている内容を中心に出題されます。センター試験について言えば「生物基礎」も「生物」も設問のほとんどが教科書の内容を理解しておけば解答できる知識問題です。どんなアプリや参考書を使うにしても、必ず教科書を併用してください。また、情報量が非常に多い生物の資料集も勉強の助けになります。教科書を読んで、疑問に思ったり更に詳しく解説がほしい場合は、どの出版社のものでも構わないので資料集を活用すると良いでしょう。
 さらに定期テストや実力テストで高得点を取るためには、アウトプット学習=問題集を解きましょう。まだ1年生ですから受験用ではなく、基礎〜標準問題集でOKです。(たとえば「セミナー」や「リードα」など学校の傍用問題集)
(農学部 K.K) 
体験的勉強法目次へ
(C) 2015 Coretech