2015年9月号

<特別寄稿>東大生の体験談「センター試験に備える」
いよいよ二学期が始まりましたね。
今回は東大生スタッフにセンター試験に向けて、どんな対策を取っていたのかを聞いてみました。

 指導部のI.Rです。
 今回は、私が受験生の時、センター試験に向けてどんな勉強をしていたかについてお話したいと思います。

 センター試験において重要なことは、
問題はすべて教科書を元に作られているということです。
 教科書にないことはセンターでは出題されません。なので、一に基礎作り、二にセンター試験の形式の問題に慣れることが肝要であると思います。
 私は理系だったので、理科は物理・化学、社会は地理を選択しました。
 英数国、及び理科二科目は二次試験の試験科目でもあったので、
初めのうちは基礎を中心に勉強していました。そのおかげでセンター模試の問題でもある程度対応できましたが、幾分正確さに欠け、毎回どこかでミスをしていました。そこで正確性を上げるために、とにかく過去問をたくさん解きました。こうすることで、「国語は漢文を先に解く」「英語の文法は30秒考えてわからなかったら問題に印を付け、とりあえず2をマークして次の問題に移る(後で時間が無くなる事も十分考えられるし、その場合空白よりは得点の可能性が残るから)」などの独自の作戦を得ることができたと思います。 また復習は、間違えた問題に対応する箇所の教科書や図説を参照することで、より深い理解につながりました。
 これに対し
地理は基礎もままならなかったため、とりあえず問題をやってみましたが、良くて50点、平均すると40点位でした。 私はこのままではまずいと思い、本屋に行って参考書を漁り、自分にあったものを一冊探して繰り返しやりました。参考書を何冊も渡り歩くよりも、一つの参考書を完璧にしたほうが手っ取り早いと考えたためです。私は前述の参考書を5周ほどやり、その結果本番では81点まで上げることが出来ました。

 これらのことを実践することで、私は試験に自信を持って臨むことができました。
 繰り返しになりますが、
大切なのは「基礎作り」と「慣れ」です。是非頑張って下さい!
(工学部 I.R) 

Q1. 世界史の受験勉強はどこの時代から進めていけばいいですか?自分の好きな時代から始めても良いですか?
(高1 女子)
A1.
 どの時代から…それは当然、はじめから(時代順)です。
 なぜかというと、
教科書や参考書は前に書いてある記述を前提にして次の時代のことを記述しているからです。
 例えばフランス革命は絶対王政の旧制度(アンシャン・レジーム)を覆す革命ですが、前の時代の絶対王政を知らなければ革命についても理解できないからです。

 ですがその後、
一通り学習し終えた段階では歴史を「現代→過去」にさかのぼる見方も大切です。例えば現代のイスラム圏の問題は宗教的にはウマイヤ朝時代にスンニ派に対立してシーア派が出来たことに端を発しているなどという歴史の流れを意識することです。

 学習の順は「古→新」ですが、教科書はヨーロッパ・中国・東南アジア・アメリカ・アフリカなどがバラバラに出てくるので、まず「ヨーロッパ史」、次に「西アジア史(イスラム圏)」、「中国史」というように、地域別に古→新まで続けて勉強する方がつながりを覚えやすいと思います。
 世界史を学ぶということは、過去から現在までの世界の動きを、政治・経済・文化などのあらゆる面から理解することです。頑張って下さい。
世界史の「流れをつかむ」勉強法
@人や事件、場所といった「語句」を
   
関係や順序を考えながら覚えていく
A教科書に出てきた用語・地名は
  
用語集・地図資料集などで確認する。
「○○が〜〜した結果、……が起きた」
「△△が×××年に……したことが、□□に影響を与えた」というように覚えていくと流れをつかめる。
 教科書の太字の語句と語句をつなぐ文章を注意して読もう。
 芸術作品の画像や地図上の位置を確認しておくほうが記憶しやすくなる。
 センター試験では、芸術作品の写真や地図を用いた問題が頻出されるのでその対策にもなる。

(経済学部 S.H)

Q2. 夜に勉強しているとすぐに眠くなってしまいます。眠気に負けそうな時に集中する方法を教えて下さい。
(高1 男子)
A2. 
 眠気対策は私も昔からいろいろと試してきましたが、効果があるのは主に以下の方法だと思います。
 濃いコーヒーを飲む
 甘いものを少し食べる
 学習机のライトを至近距離で見つめる(注:目に悪いので程ほどに)
 冷たい水で顔を洗う
 ラジオ体操などの軽い運動
 一度はやったことがあるものばかりだと思いますが、もし未経験のものがあったら試してみて下さい。

 勉強しながら眠気を紛らわしたいのなら、
英語のリスニングがお奨めです。リスニングの後にスクリプトを音読すればなお良いでしょう。部屋の中を歩き回るなど、身体を動かしながら音読をすれば(多分)寝られません。

 ですが……
夜に眠くなったら素直に寝てしまうのも一つの方法です(゚ー゚)
 
朝早く起きて他の人たちが眠っている間に勉強すると気分もいいですよ。 自分にあった方法(勉強する時間帯)を見つけて頑張ってください。

(農学部 K.K) 
体験的勉強法目次へ
(C) 2015 Coretech