2015年7月号

<特別寄稿>東大生の体験談「夏休みの勉強法」
 夏休みの時期、どんな風に勉強していたのか東大生スタッフに聞きました。
 まとまった勉強時間が取れる夏休み、頑張っていきましょう!
 

 こんにちは、東京大学農学部4年生のT.Kと申します。大学では酵素の研究をしています。農学部は自分が好きな様に学業をすすめられるところが気に入っています。
 今回は高校三年生の夏休みの勉強について私の経験をまじえつつお話しようと思います。

 私は高校三年の夏までほぼ毎日部活をしていたこともあって、数学と英語以外勉強しておらず、
夏前の物理と化学の成績が壊滅的でした。そのため、夏休みは物理と化学を重点的に勉強する予定をたてて、その通りに勉強を進める努力をしました。
 まず、予定のたて方についてですが、
高校物理または化学の範囲がひととおり網羅されている問題集を用意します。そこに載っている問題の数を夏休みの勉強ができる日数で割ります。次に、だいたい4〜6問を1時間で解くとして1日に物理または化学に充てる時間を決め、後は実行するだけです。1時間フルで使うのではなく前もって決めた問題数(ここでは4〜6問)解いたら1時間勉強したことにするというルールで勉強を進めるとやる気と集中力が出ますよ。
 夏休み中に問題集を2周できるとベストではありますが、1周できればいいと思います。間違えた問題にはしるしをつけてあとで復習してくださいね。
問題集を一冊完璧に解けるようになれば物理と化学はだいたい知らない問題に対しても応用が利くようになります。いくつもの問題集に手を出すよりはひとつの問題集を完璧にするとよい、というのは学校でも塾でも言われると思いますがそれをできている人は少ないですね。私はその言葉を信じて勉強したひとりなのでこの言葉が正しいと信じています。夏の終わりには物理化学の成績は平均点くらいにはなりました。

 夏休みの勉強をするときに家で勉強する人も多いと思いますが、家には誘惑が多いですよね。漫画とかゲームとか…。集中が途切れてくるとどうしてもこういったものに手が伸びてしまう経験はみなさんあると思います。本当に勉強に集中したいならそういったものには手が届かないようにすることが必要です。勉強する場所から物理的に手が届かなくする、つまり勉強する場所からそういったものを遠ざけると割と集中が続くと思いますよ。思いっきり遠くにするほどよいかと思います。試してみてください。

 夏休みはまとまった時間が取れる勉強するには最高の時間です。物理・化学に限らず自分の不得意な科目を集中的に勉強しましょう。また、期末テストの復習も忘れずに。頑張ってください。
(農学部 T.K) 

Q1. 数学の宿題に解答がなくて、悩んでばかりで先に進めません。どうしたらいいでしょうか。
(高1 女子)
A1.
 宿題ということは、次の授業で解答が配られたり、先生が解説をしたりということがあると思います。なので、
宿題で完璧な解答を作る必要はありません。
もちろん、答えまでたどり着き、それが正解であるのが最善であることは言うまでもありませんが、
間違ってしまったときは、そこを確認することができるでしょう。また、途中で止まってしまったときは、そこを授業で確認することで、次からはできるようになるかと思います。もし、全く手も足も出なかった場合は、その問題以前の基礎の理解が足りない可能性がありますので、どこをもう一度やり直せばいいかがわかるようになるでしょう。
 私の高校では、数学の宿題は、予習という形で出題されることが多くありました。その場合、まだ習っていないので教科書などを使っても、解答までたどり着けないことがしばしばありました。そういったとき、一人で悩んでも往々にして時間の無駄、という結果になってしまうので、どういったところが分からないのかを出来るだけチェックしておき、授業で確認するようにしていました。そうすることで、そのような問題に次回からは対応できるようになっていました。
 宿題を授業中に生徒に答えさせる先生もいると思います。
答えられないと「恥ずかしい」と思うかもしれませんが、その宿題に一生懸命に取り組んだ上で分からなかったのならばそれは全然恥ずかしいことではありません。宿題の時点で「どこまでなら解けるのか、どこが分からないのか」を確認できたら、授業や復習でしっかりマスターした方が良いと思います。全問正解の「完璧な」宿題を作るためだけに時間をたくさん使うのはあまり効率的とは言えません。
 宿題は面倒と感じることも多いですが、見方を変えれば
勉強する良いきっかけになります。完璧な解答が作れなくても、数学の理解を深める手助けとして、宿題を上手く活用してください。
(工学部 I.A)

Q2. 勉強する時間帯が今、完全に夜型になっています。(7時起床12時就寝) 朝型に変えた方が良いと友達に言われているんですが、自信がありません。
(高2 男子)
A2. 
 確かに朝の勉強は効率が良いとか、朝早くからの試験でも実力を発揮するためにといった理由で朝型に切り替える人もいます。昼間の授業中、寝ないではいられないほど夜遅くまで起きているほどの夜型だとしたら直したほうがいいのかもしれません。
 
ですが私は夜12時に寝て朝7時におきる習慣は、しっかり7時間睡眠時間取れていますし悪くないと思います。なぜかというと私自身、朝が苦手だったのですが朝5時起きにしようとして上手くいかなかったからです。頭が全く目覚めず、全然効率アップしませんでした。少なくとも私にとっては朝の5時に起きて勉強時間を作る事は向いていませんでした。 ですから、自分に合っているほうを選んで下さい。ただ一つ言えるのは「睡眠時間」はしっかり確保するようにしましょう。体調に気をつけて頑張って下さい。
(農学部 K.K) 
体験的勉強法目次へ
(C) 2015 Coretech