2015年1月号

<特別寄稿>東大生のセンター試験アドバイス
 いよいよセンター試験も近くなってきましたね。
 東大生スタッフから受験生の皆さんにセンター試験当日のアドバイスです。


 はじめまして。私は東大の工学部でシミュレーションを学んでいます。出身は東京の中高一貫型私立校で、部活動では剣道をやっていました。 今回は、センター試験を迎えるに当って実践すると良いと思われることを、私がセンター試験を受験したときに実践していたことを元にご紹介したいと思います。

 
試験本番で重要なのはひとえに気持ちだと思います。試験で緊張するなというのは無理な話ですから、どれだけそれを和らげられるかが勝負だと思います。

 まず、試験当日の朝は
余裕を持って家を出るようにしましょう。冬の時期は特に、天候状況などによる交通機関の乱れが多くなります。余裕をもって家を出ることで、そういった不意の遅延が発生したとしても、精神に余計な負担をかけずに済みます。
 試験を受ける前には、
自作のまとめノート、愛用の単語帳などがあれば見返しましょう。私は愛用の英単語集や、5周して書き込みでいっぱいの地理の参考書などを持っていき、試験の前に眺めることで「これだけ勉強したのだから、大丈夫」と自己暗示をかけて試験に臨みました。

 また、一日に五科目をこなさなければならないセンター試験では、気持ちの切り替えも重要になってきます。特に、前の科目の出来が芳しくなかったときは
休憩中に散歩してリフレッシュしましょう。昼食を友人と外でとるのも良いでしょう。こうすることで頭を切り替え、次の科目に集中して臨むことができます。

 これらのことを実践することで、私は試験に自信を持って臨むことができました。
 試験は自分との勝負であるとよく言われます。
他人のことを考える必要はありません。ただ目の前の問題を効率よく処理していくのみです。それでは皆様のご健闘をお祈りしております。

(工学部 I.R) 

Q1. 家で一人勉強していると、どうしても悪い方向にばかり考えてしまいます。どうやってモチベーションを保ったり前向きに勉強できるでしょうか
(高3 女子)
A1.
  受験を直前に控えたこの季節、不安な気持ちに駆られるのは非常に共感できます。恐らくそういう人は多いと思いますよ。私も高校三年生の時は、夏も秋も模試の判定がCやDばかりだったので、精神的につらい時期が多々ありました。受かってしまえばそれで良いとは分かっていても、どうしても最悪のケースは考えてしまうものです。人間ですものね。

 それでも自分の精神状態を出来るだけ良好に保ち、自分の実力を本番で出せるようにするために、苦しい今を乗り切る前向きな気持ち作りは大切になってきます。
 いかに自分の精神状態を良好に保つか、その方法は人それぞれですが、私の場合は
客観的な現状分析を行うことで、足りない部分を自分の中で出来るだけ明確にするよう常に心がけていました。つまり、普段から置かれている状況を俯瞰することで、周囲が良く見えずに泥沼にはまり、もがき苦しむのを防ごうとしていたんです。
 例えば、英語のテスト結果が悪くても「自分は熟語を完璧に覚えて使うことができないことが原因で、自由英作文が不得意だから点数が低かった」事が分かっていれば「今は悪くても本番までに間に合わせられるよう、熟語を含んだ例文の暗記にこれくらい時間を割いていこう」と考えることが出来ます。「出来なかったらどうしよう」とか「知らないところが出たらどうしよう」とか失敗パターンをいろいろ考えて不安になることがあるかもしれませんが、
起きてもいない最悪の状況を考えるのは自分のモチベーションを下げるだけです。それよりは自分の弱点を客観的に把握して、それを克服したりカバーする方法を考え、実践するほうが前向きな気持ちになれるでしょう。

 自分も常に意欲的に勉強できたわけではないのですが「今日はこれをやろう。明日はこれをやるぞ」と計画的かつ段階を踏みながら何とか勉強はできていたと思います。そして結果的には現役での合格にぎりぎり?でしがみつくことが出来ました。
 以上が私の受験間際の勉強方法になります。少しでも参考にしていただいて、良いモチベーションで勉強してもらえればうれしいです。がんばって下さい。
(農学部 O.T)

Q2. 英語で「語句を正しい順序に並べる」というような問題はどう解いていけば良いですか?
(高2 男子)
A2. 
  整序英作文の問題ですね。このような問題では、述語と主語に注目することが大切です。
命令文や分詞構文などの特殊な場合を除いて、英語の文章では通常「主語+述語」になっています。しかも、1つの文章には述語となる動詞は1つだけです。まずは述語となる動詞がどれなのかを考えましょう。そうすれば主語も決まるはずです。
 ここで、動詞が2つ以上あるならば、次のような理由が考えられます。

@ 接続詞(whenやalthoughなど)があり、2つの英文が1つになっている。
A 関係詞や不定詞などで修飾している。
B ingや過去分詞で分詞構文を用いている


 動詞が2つ以上ならば、これらの使用を考えましょう。主語と動詞、他の動詞の使い方が把握できれば、英文の骨組みはだいたい完成です。
 残りは熟語などの表現を作って、目的語や副詞を配置していきましょう。
もし熟語が分からなくていつも解けないのであれば、徹底的に熟語を覚えてください。

整序英作文解法のための4STEP
STEP1 動詞の数を確認する→特殊形の有無・関係代名詞の省略も見極める
STEP2 熟語としてくっつくものをまとめる
STEP3 基本5文型や文法事項を意識して英文を完成させる
STEP4 訳が成立するか確認する

(経済学部 S.H) 
体験的勉強法目次へ
(C) 2014 Coretech