2012年10月号

Q1. 勉強のモチベーションを上げるにはどうしたらいいでしょう?
(神奈川県 高3 男子)
A.  モチベーションが下がるのはどんな場合でしょうか?
 それは勉強の目標が見えなかったり、高すぎたり、あるいはダラダラと勉強してメリハリが無かったり、勉強以外のことに集中がそれてしまっていたりする場合だと思います。なので、そうならないように工夫すると良いでしょう。
 例えば次のようなことを意識して下さい。

@ 達成可能な目標を決める
 「志望校に入る」というった大きな目標もいいですが、まず、「次のテストで何点以上とる」「いつまでに問題集を終わらせる」といった達成可能で具体的な目標をたてるようにしましょう。 目標が決まればそこまでに自分がやらねばならないことが見えてくるはずです。

A 「勉強する時間」を作る
 ダラダラと勉強するのは非効率的です。そうではなく、短い時間でも良いので「毎日何時から何時までは机に向かって勉強する」という時間を作りましょう。きちんと時間を区切ることで、勉強にメリハリができます。

B 集中しやすい環境を作る
 せっかく勉強するつもりになっても、すぐに集中が他にそれてしまっては意味がありません。 勉強机の周りにはケータイなど集中を切らすものは置かず、勉強に集中できる環境を作りましょう。

 モチベーションを上げるには「勉強する習慣作り」が大切ですので、それを意識して頑張って下さい。

(医学部 O.Y)

Q2. 試験で英文を読む時、読解力がないのですごく時間がかかってしまい、読まずに問題を解くことになってしまいます。 速読する力をつけたい時はどうすれば良いでしょうか。
(群馬県 高2 女子)
A. まず根本的に読解力を上げる努力をしましょう。

 具体的には
 ● 単語・熟語を覚える
 ● 基本的な文法を理解する

といったことから始めましょう。
 また、その上で、1つのパラグラフ程度の短い文章でも良いので毎日英文を読むようにしましょう。
 英文の読解はテクニックで何とかなるものではなく、日々の積み重ねが必要です。最初は易しく短い文章で良いので毎日やってみてください。 精読ができないことには速読もできませんのでまずは上で説明したことを意識して、精読からマスターしましょう。

 その上で、速読を行うためのコツとしては
 ● 接続詞に注意する。
 ● 繰り返し出てくる表現に注意する。
といった部分でしょうか。 これらは重要な部分であることが多いので、そこは精読する、などとするのが良いと思います。

 速読などと言っても結局は基礎ができていないと意味がありません。
 今は時間がかかってしまってもしょうがないので、地道に努力していきましょう。
(文V H.K)
体験的勉強法目次へ
(C) 2011 Coretech