2011年11月号

Q1. 最近テストや模試で思うような結果が出ません。結果がなかなか出ないので悩んでいます。特に国語の成績が伸び悩んでいるのですが、こういう時はどうしたらいいですか?
(千葉県 高2 男子)
A. 勉強の調子が悪いときは、結果のよくなかったテストや模試を見直してみると原因がわかるかもしれません。内容はわかっているけれどもミスが重なって点になっていないのかもしれませんし、内容をきちんと理解できておらず問題が解けないのかもしれません。自分の答案を見返して間違えた理由をはっきりさせましょう。私も高校生のとき、テストでよい点数が取れなくなったときがありました。答案を見返すと公式や小手先のテクニックに頼って問題の本質が理解できていなかったと分かりました。
 どうしても調子が悪いときは楽な方法で問題を解こうとしてしまいます。すると問題や単元が何を聞いているのか、筆者は何が言いたいのかといったことを深く考えず、ただただ問題を解くという勉強になりがちです。問題が何を求めているのか時間をかけて考えると良いでしょう。適当に10問解くよりもじっくり、完璧に1問を解ききるという勉強をすると自分の理解できていない部分が見えてきます。

 特に国語についてですが、国語は成績が最も伸びづらい教科です。以下に勉強のちょっとしたコツを挙げるので参考にしてください。
「評論文」
・「筆者の一番言いたい事」をつかむ。筆者の一番言いたい事、つまり主張は本文中に何度も形を変えて現れます。それを見つけられると評論文全体の見通しが良くなります。
・主張を支える「理由」をつかむ。主張が見つかったらほかの部分は全てその主張を支えるための理由、もしくは事例です。「主張」と「理由」という評論文の構造がつかめれば問題を解くのがかなり楽になります。
「古典」
・古典文法と漢文句法をマスターする。古典文法、特に助動詞や、漢文の再読文字・句法のように、文を訳す際に重要な文法事項は完璧に覚えましょう。すぐに全部覚えるのは当然無理ですから、問題に出てきたもの、教科書に出てきたものをコツコツと覚えていきましょう。すると2年の冬・3年の夏に驚くほど多くのことを覚えているはずです。

 調子が悪くても、一つ一つの内容をきちんと理解し覚えていけば、きっと成績も上ってきます。勉強の効果は今すぐには現れないかもしれませんがコツコツ頑張ってください。

(文V H.K)

Q2. 数列が苦手です。公式は覚えてますがどの問題でどのように使えば良いか分かりません。コツを教えてください。
(茨城県 高2 男子)
A. 公式をどの問題でどのように使うのか、という疑問はつまり、問題をどのように解くか、という「問題の解法」に関わることですね。
 数学というのは、無限に問題を作ることができて非常に厄介な科目だと感じられがちですが、実際のところ、出題される問題には一定のパターンがあります。
 細かく分類していけば、それこそキリがありませんが、解き方が概ね似通っている問題というのは多くあります。 基礎教材では、その「パターン」を掴むための練習をしているのです。

 例えば数列ですと、ほとんどの問題は
A.一般項を求める
B.和を求める
という2種類に分類できますね。
 等差数列や等比数列の一般項の公式はAで使われることが多いですし、和の公式やΣに関わる公式はBで使われることが多いです。例外的に、A(一般項を求める場合)で和の公式が必要になる場合もあったりしますが、それはそういったパターンの問題であると理解し覚えておくと、次回で同じ問題が出た時にもしっかり対応できます。

 問題に取り組んだ後、答え合わせをする際に、正解していた場合でも間違っていた場合でも、
「この問題の解き方はどこかで見た事がないか」
「似たような問題が無かったか」
「初めて見るタイプの問題か」
という点に注意して解答を読むようにすると、そういったパターンがスムーズに頭に入っていくことと思います。頑張って下さい。
(工学部 F.M)
体験的勉強法目次へ
(C) 2011 Coretech