2011年12月号

Q1. 定期テストまで後2週間くらいしかありません。 今回は成績を上げたいんですが、効率のいい勉強法はありませんか?
(福岡県 高1 女子)
A. 私は部活動が忙しかったので、計画を立てて進めるようにしていました。
 「定期テスト=授業内容の理解度を測る」 これがテストを実施する先生の一番の目的です。従って、定期テストは授業で取り上げた内容や関連する内容を中心に作成されます。 そこで、定期テスト対策としてまずやるべきことは、授業で使った教科書・プリント・問題集の復習ですね。 これだけのことが確実にできれば、テストで大失敗することはありません。 特に苦手科目は、あれこれ手を広げるより、授業内容の復習に徹するほうが、いい結果が得られます。
 さらに、得点力をつけるには、覚えたことを使ってみる、つまり問題演習をすることです。 教材がある科目は、関連単元の勉強で、基礎を固めたり、応用力をつけたりしてレベルアップを図ります。 特に、映像学習は、記憶に残るので効果的です。
 そして最も重要なことは、テストの各科目にどれだけ時間をかけられるかです。 少ない時間であれこれやろうとしても無理です。 テストの範囲はだいたい1ケ月〜1ヶ月半の授業内容ですから、これをたった2〜3時間のテスト勉強で高得点を取ろうというのは無理な話です。 テストまでの日数を考えて、平日に何時間勉強するのか、休日には何時間勉強するのかを目標として出してみましょう。 その合計時間を「どの科目に何時間」割り当てるのかを決めることがポイントです。
 私はテスト前に簡単な表を作っていました。その日に勉強に充てられる時間数を割り出し、やらなくてはいけない科目別内容を上の欄に書いて、左側にそれぞれの学習予定日を書き込みます。 書き出してみると、意外に1科目あたりの時間数が少なかったりします。しっかりとした予習・復習が十分テスト対策になっていることを、私もこの時に実感したものです。 このように計画を立ててみると、今回のテストで良い点を取れた科目は、次回のテストでも同じように勉強すれば良いですし、仮に失敗した科目があったら、今回の計画や勉強法を見直して取り組むことができます。 頑張って下さい!

<使ってみよう> 定期テスト計画表
(文V K.K)

Q2. 英語が苦手です。勉強の仕方を教えて下さい。
  ・英単語の暗記で、単語の意味は全て覚えた方が良いのでしょうか?
  ・英語の長文は毎日読んだ方が良いのでしょうか?
(栃木県 高1 男子)
A. まず、英単語の暗記についてです。英単語を覚えるときは、最初は意味を全部覚えようとせずに、一番代表的な意味を覚えればOKです。一気に全部覚えようとするとうまくいきません。 英単語は関連付けて覚えると一番効率が良いので、最初は重要な単語だけを完璧に覚え、次に単語の別の意味や新しい単語を覚える、というやり方がいいですよ。また、英単語を覚えるときは、接頭辞や接尾辞に注意して見て下さい。例えばimport(輸入する)とexport(輸出する)はport(港)という単語にim(中へ)、ex(外へ)という接頭辞がついていますね。「港の中へ」だから「輸入する」、「港の外へ」だから「輸出する」となるわけです。このように、いろいろなことを関連付けてだんだんと覚えていけばいいので、最初から「全部覚えるぞ」と意気込まなくても大丈夫です。
 次に、毎日長文を読んだ方が良いのかということについてです。自分の経験から言うと、毎日読む必要はありません。毎日、何らかの形で英語に触れることは必要ですが、毎日長文を読む必要はありません。毎日長文を読もうとすると、どうしても流し読みになってしまいます。それでは英文がどういう構造をしているのか、英文は結局何を言っているのか、ということがつかめません。ですから、毎日読むのではなく、三日に一回くらいの頻度で一つの文章をじっくり読むのがいいと思います。このときに注意することは、その文の中の文法を全部理解し、出てきた単語の意味を確認し、筆者の主張をつかむことです。これによって文法の確認もできるし、単語を覚えることもできます。
 もちろん、毎日出来る余裕があるのならばどんどんやりましょう。しかし、他の教科の勉強もあるでしょうから、無理に毎日やるのならば、三日に一回ぐらいの頻度で集中して勉強した方が力がつきますよ。それでは勉強がんばってください。
(理U K.N)
体験的勉強法目次へ
(C) 2011 Coretech